幼児 英語 リトミック
>

幼児教育と地頭力について

名前 友村 晋
最終学歴 東京大学大学院
職歴 WEBコンサルタント

友村美由紀の夫の友村晋と申します。

好きな勉強して、好きな仕事して、楽しい大人を育てたい!

ちょっと自慢できること

エピソード1:インド&ネパール一人旅 インドでコップ一杯水道水を一気飲みすると滞在期間中ほとんどゴロゴロでした。

エピソード2:ママチャリ旅行 東京→石川→広島をママチャリ&寝袋で完走。熊に遭遇するなどハプニングの連続でしたが、無事に帰り布団で寝ることがいかに幸せか実感しました。

広島、東広島、呉で幼児教育を考えている親御様へ

高度経済成長期の日本は、所得倍増計画というスローガンのもと、みんなが子供をたくさん生み、良い教育を受けさせ、偏差値の高い有名大学に入学し、大手企業に就職すれば、幸せが待っている。という時代だったと思います。

幼児教育その前に!これからの子供に必要な生きる力とは?

ところが、今の日本社会は、先述の「幸せの王道」が通用しにくくなりました。

ネット社会になりさまざまな真偽の曖昧な情報が飛び交い、終身雇用制度の崩壊、大手企業の倒産、さらに私たちにも関係ある日々ニュースを騒がせる幼児・子供に関する不幸な事件の数々・・・。こんな混沌とした世の中でも私たち親は子供を立派な社会人に育てる義務があります。

社会はこれからもっとグローバル化し、あらゆる情報が洪水のように押し寄せてきます。アメリカの新聞『ニューヨークタイムズ』の一週間の情報量は、18世紀の個人が一生をかけて得る情報量よりも多いと言われています。

情報量が増えてくると、シンプルだったことが複雑になってきます。そうしたなかで今の幼児教育そして子供(もちろん大人も!)に必要なのは、情報の大海で漂流してしまわないよう、自分にとって必要な情報を取捨選択し「自分の頭で考える力」これだけだと私は考えています。

つまり、

・学校で詰め込んだ知識を、生きていく知恵に変換する力
・ネットやテレビの情報を鵜呑みにしない力
・将来自分が社会に求められる人間になるには何を身につければよいか考える力
・例え周囲の全員が正しいと言っていても、本当に正しいのか疑い、自分で検証する力

これらの「自分で考える力=地頭力(じあたまりょく)」があれば、どんな世の中が待ち受けていても、立派な大人・社会人として生きていけると信じています。

子供はなんで勉強しなくちゃいけないの?

親として、こんな質問を我が子からされる日がいつかくるかもしれません。そんな時に「いい大学に入れば幸せになれるから」などと抽象的な回答をしてしまうことがないよう、親も子も地頭力を日々身につけましょう。

ダイヤモンドの原石を磨きましょう!

広島と呉にある当教室のリトミックでは、少しでも早いうちから知識を詰め込むような早期教育は行いません。お子様の「心・脳・体」はダイヤモンドの原石です。当教室でママが楽しみながら、その原石を磨き上げましょう!

当教室のリトミックで磨き上げた「心・脳・体」は、3歳以降にからからのスポンジのように全てを吸収し、やがて光り輝くダイヤモンドになります。

Copyright(c) since2015 英語リトミックの未来スクール All Rights Reserved.