幼児 英語 リトミック
> >

私のレッスン方針では3つのことを大切にしています

リズム遊び

我が子がテレビのCMなどでリズムにのっている瞬間をご覧になったことはありませんか?子供は音楽やリズムが大好きなんです。たとえば当教室の「お片づけソング」を覚えたら、家でもママが歌うだけでノリノリでおもちゃの片づけを自分から行うようになります。

好奇心と探究心

子供は好奇心と探究心の塊です。何かをじっと見つめていたり、ゴゾゴゾ動いたり、それは一生懸命自分なりに考えている証拠です。ママやパパの都合で、その大切な時間を削らないで!

親子スキンシップ

私も子育て奮闘中なので、子育てが思うようにならずイライラしてしまうママの気持ちは十分わかります。そんなときこそ、我が子の最高の笑顔を見ながら一緒にスキンシップして、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。 自分が子供を育てているのではなく、自分が子供のおかげで成長させてもらっていることに気がつくはずです。

集中力なんか無くて当たり前!

私の娘はめちゃくちゃゴゾゴゾします。

あっちに行き、こっちに行き、ネジ類が好きなようで、ネジを見かけると興味津々でじっとしていることがあんまりありません。 だからこそ、彼女の興味のあるところに目を向け、興味あることはどんどんやってほしいな~と思っています。

体験レッスンに来られるママの中には、「うちの子全然じっとできないんです。」とか、「うちの子レッスン中は集中力がないんです。」とおっしゃる方がたくさんいます。

が そんなの当たり前です!!

だって、子供なんだもん。

じっとしていない?

はい。それはいろんなことに興味があるしるし!!

集中力がない?

今やっているコトがただ好きではないだけじゃないのかな?

もっと楽しいことを探してるんじゃない?

子供の集中力なんて何十分も持ちません。

興味がありすぎてあっちにも行きたいし、こっちにも行きたいんです!!

だから、私の英語リトミックのレッスンでは、絶対ここにいてね!絶対これをしてね!という強制的なやり方をしません。

どうぞ邪魔して下さい♪

私の教室の天才児ちゃんたちの中には、毎レッスン必ず私がピアノを弾いているとピアノに触りにくる子がいます。

ピアノにふれたくて、ひきたくて仕方ないんですね。

そして、触り終わったらテンションマックスで最高の笑顔で走り回っています!!

先生の邪魔になるから、ピアノに触ったらダメだよ~というママもいますが、私は、どうぞ邪魔して!やめさせないで!と伝えます。

謝る必要全くナシ!

だって、グランドピアノが目の前にあるんだもん。 こんなの普段家でひけないから、触りたい! 音が出る!楽しい!

そして、子供が私の邪魔をしてしまった(とママが思った)とき、お子さんがご機嫌ナナメのとき、グズグズしたとき、私に対して「うちの子が邪魔してごめんなさい!」と謝るママもいらっしゃいますが、謝る必要なんて全くなし!!

だって、それが当たり前だから。

ママが気を遣っていると疲れちゃう=子供が楽しめない

ママが楽しんでいる=ママを見て子供もうれしい・楽しい

楽しいと思ってもらえる場面をどれだけ作れるか! それが、リトミック講師の役割だと信念をもってレッスンしています。

Copyright(c) since2017 英語リトミックの未来スクール All Rights Reserved.